2018年02月08日

〜肉まん三國無双〜大手コンビニ三社食べ比べてみた!

こんばんは、くしMです( ^ω^ )本日2月8日(木)は三国志をモチーフにしたアクションゲームである三國無双最新作、『三國無双8』の発売日です!ワーオ、なんて露骨なブログアクセス稼ぎ!ってなわけで、我々大谷大学新聞社もなにかそれにちなんだブログを書こうと思い立ち、今回の内容は、

ローソン(魏)
セブンイレブン(呉)
ファミリーマート(蜀)の三国の肉まん(軍はコンビニの色で決めた)を食べ比べて最強頂上決戦を決めてみようと思います。( ´ ▽ ` )ノ肉まんはゲーム内でも回復アイテムですし、晋の司馬師の好物ですね。

食べた順にレビューしていくのでまずはファミマから!ジャッジを下すのは私を含めた社員7名です。

377A4506.JPG
★ファミリーマート
「皮が美味い」
「皮がパン」←皮が分厚く、もちもちとしていました。個人的に皮はファミマが一番かな。
「タケノコが大きい」←8ミリくらいの角切りでした。
「あっさり系」
「肉の味が薄い」←中華味というよりは、日本人向けのあっさりした塩味でした。

結果:普通に美味しい。とくに皮。
ちなみにローソンとセブイレの肉まんは120円なのに対し、ファミマは130円でした。10円分美味しいかと聞かれたら正直……ウーン。って感じですね。あっさりしているのでおやつにいいかも。
続いてはローソンです!

377A4515.JPG
★ローソン
「ファミマよりスパイシー」
「ニンニク生姜の味がする」←ローソンはファミマに比べ薬味が効いた中華っぽい味でした。
「皮が甘い」←皮に味が付いていて、甘めでした。具もわりと甘めでしたね。
「皮が水っぽい」←三社とも少し冷えてから食べたので、こちらに関してはホッカホカの状態だとまた違うと思います。
「肉が多い」←タケノコなどの具がほぼ無し。肉。多分ちょっとだけ玉ねぎ?

結果:普通に美味しい。とくに肉。ワシは肉が食べたいんじゃあーーーーーーーーー!!!!!という方にオススメです。

最後はセブイレ。こちら今回の戦いで本命にしていた社員も多く、あえて食べる順番を最後に回しました。期待値が高まりますね。ちなみにセブイレへの買出し担当だった主幹はこのためだけにバスに乗りました。お疲れさまです。学内コンビニが空いていれば……

それではいざ出陣!敵将、討ち取ったりーーーーーーーー!!!!!!!

377A4523.JPG
★セブンイレブン
「「「「「美味い」」」」」←美味い(語彙力の激しい低下)
「スパイシー」
「中華っぽい」
「台湾の屋台の味」←ローソンよりさらに薬味の効いた中華味でした。なんだろう、八角とかも入ってるのかな?本格中華です。
「皮は普通」←特に味付けなどは無さそうでした。
「具がいい感じ」←具はひき肉に刻んだ椎茸とタケノコ。この椎茸がいい風味、タケノコが食感を引き出していました。今回は参加していなかった記者椎茸にオススメしようと思います。
「味が濃厚」←くどいわけではなく、しっかり味がついていました。また、具が多めだったので味が濃厚に感じたのかもしれません。

結果:美味しい。全体のバランスが良い。

三社を食べ比べ、さてどれが一番だったかと挙手制で決めてもらいました。皆思い思いの肉まんを心に浮かべ、そっと手を上げてゆきます。

結果、

三位ファミマ(0票)
二位ローソン(2票)

そして−栄えある栄光に輝いたのは!

優勝、セブンイレブン!!!!!!(5票)

全体的に出来が良く、うまく調和が取れていたセブイレが今回の勝負に勝ちました。ローソンは味付け甘め派や肉が食べたい派に受け、ファミマは皮推しのムキサメがかなり評価していましたが、やはり他社より10円高かったことが最後の最後でネックになった印象です。

肉まんが美味しく食べられるのも冬のうち。皆さんも記事を読んで食べたくなったら是非!食べ比べて感想をブログコメして下さいね!それでは☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆また来週〜^^


〜余談コーナー〜
記者(ロマン)です☆彡
副幹(ムキサメ)からのお題は……「ネットリテラシー」!?
おおう、ブログの余談にしてはなかなかにシビアな。。
ネットリテラシーとは、情報ネットワークを正しく利用する能力のことですね。
特にネットリテラシーに関しての面白い話は持ち合わせていないですが……、

谷大で毎年4月に受ける自己発見診断あるじゃないですか。項目がいくつかあって、自分の適性が分かる診断なのですが、
わたし、クリティカルシンキングの数値が極端に低かったんですね。
(クリティカルシンキング…論理的・批判的に考えて判断する能力のこと)

うーん。確かに、わたし良く騙されるんですよねー。
ネットトラブルに巻き込まれたことはないですが、よく「お人好しだね」と言われます。いずれ何かしでかしそうで怖いです。

皆さまも嘘の情報にはお気を付けを〜!
レッツ・クリティカルシンキング!

内容うすっ……!まるでわたしの化粧のようだ……(興味ない)

来週の余談は「シマウマ」で! Zebra。
それではまた会う日まで☆彡
posted by 大谷大学新聞社 at 18:55| Comment(1) | ネタ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

頑張れ受験生!〜社員の入試を思い出す回〜

みなさんこんにちは!
久しぶりの投稿になります編集長(うどん)です!
突然ですが、みなさん明日はなんの日かご存知でしょうか?

明日は、大谷大学の一般入試日なのです!(^^)!
私もさかのぼること3年前…ここ大谷大学を受験しましたね。
懐かしい…そして来年は追いださre…((

さてさて、今回の企画は来年大谷に入学してくるであろう受験生たちに若かりし頃受験した記者たちが受験でのあれこれを語ります!

参加したメンバーは編集長(うどん)、副幹(ムキサメ)、渉外(江頭)、記者(キャラメル)、記者(みかん)の5人です!

それでは早速みていきましょう!
エントリーNo.1編集長(うどん)

はい、さっそく登場します!私は京都出身ではないので、いわゆる地方受験でした。そして大谷大学は本命ではなく、滑り止めで受けていたので、めっちゃ力を入れていたのかといわれるとそうではなかったです…。
受験前日はとりあえず21時には寝ていました。朝は6時に起きて、時代を感じるワンマン電車に揺られながら受験会場に向かいました。
受験会場は、ド田舎の中でも有数の大きなタワービルの中で「大谷大学めっちゃいいところで受験するやん(;´・ω・)」と思いましたね。
滑り止めと言いつつも緊張はします…。ドキドキしながら入ると大きなお部屋が目の前に現れました。さあ!受験!となった時に「すみません…」と声をかけられました。
見てみると恐らく試験監督の方かその関係者でした。

試「すみません、○良大学受験の方ですか?」
う「いえ、私は大谷大学の受験ですね…」
試「あ、ではここじゃないですね。大谷大学の受験会場は隣になります」
う「あら!ありがとうございます!」

と誘導されて隣をみてみるとなんか準備室のような…用具入れのような…小さい部屋に簡易の机が2つと椅子が6つありました。

「…(゜゜)?」
ある意味緊張が抜けて無事に受験することができました(笑)
無事に合格!やったね!

以上こちらから中継をお送りしました(笑)


それではエントリーNo.2副幹(ムキサメ
受験の時の記憶なんてほとんど忘却しているんですよねぇ……普通に一般で受験して、普通に試験を受けましたよ。筆記試験でした。英語が苦手で出来が悪かった気がしますね。世界史もよくわからなくて、自信があったのは国語くらいなものです。ただそれだけです。
むしろ受験までのことの方が思い出深かったり。11月くらいまで全然志望校を決めてなくて、部活の先生に「君は大谷大学とか向いてるんじゃない?」と本気なのか適当なのかわからないアドバイスのもと、担任の先生と面談したら、「大谷大学」としか言わなかったせいで、先生が大谷大学と大阪大谷大学を間違えて終始話が噛み合わなかったり。
そんな感じで、かなり不真面目に受験しましたね。大谷大学自体は、部活の先生が言った通り、かなり性に合う場所で、後悔もしてないんですけど。
でも皆さん、言うまでもないことだとは思いますが、大学入試とはちゃんと真面目に向き合いましょうね。


エントリーNo.3渉外(江頭
私、渉外(江頭)の受験の思い出といえば、入試でプレゼンをしたことです。
自己推薦入試で私は大谷大学へ入学する切符を確保したのですが、プレゼンを入試で披露するという選択肢が当時はあったんですよね(今あるかどうかは知りませんよ)
僕はプレゼンで大学に合格できるというのが面白そうで大谷大学を選んだというのも私が大谷大学を志望した一つの理由です。
まぁ、大学の合格がかかってるので入試試験?面接?では今までで1番頑張ったと言っても過言ではないプレゼンを披露しましたよ(エッヘン
プレゼン終わったあとに教授陣に拍手されましたし笑笑
ここまでは俺受かったって心配もしてなかったんですけど…
プレゼンの後教授陣からプレゼンに関しての質問がありましてですね…コテンパンにフルボッコにされました(涙)
でも私、合格しましたから!
自己推薦入試で!!
プレゼンだけで合格できるだなんて思ってなかったのに、本当に合格できちゃいました笑
運ってあるものです。
受験生の皆さん諦めちゃダメですよ!

エントリーNo.4記者(キャラメル
私の受験当日は、ごくごく普通の始まり方をしました。
いつもよりしっかりめに朝ごはんを食べ、余裕を持って出発し、受験会場に到着します。
そして、つつがなく試験を終え、少々の不安を感じながら、大学を出て駅に向かい、家を目指します。
私の家は京都府内ではありませんので、帰宅するためには乗り換え必須です。
乗り換えの駅で、切符を買おうと財布を開けます。
事件が発生しました。
なぜか分かりませんが、最寄駅までの切符を買うのに少し足りません。
財布には少し余裕をもたせていたはずです。
そこで、私は今日一日を振り返りました。
忘れ物ないか確認して…、早めに家を出て…、コンビニに寄ってお茶を買って…。
お釣りを受け取って…、ません。
良いことをすれば今日の試験がきっとうまくいくと思い、お釣りをそのまま募金箱に入れたのです。
いくら財布の中を探しても、お金が増える訳ではないので、結局、二駅分を歩きました。
確かにいいことをしたはずなのに、なんでしょう。この気持ちは。
予定より30分以上時間をかけて家に帰り、母親にこの話をしながら、もう一度財布の中を見ました。
先ほどは見つからなかったのに、千円札が出てきました。
…。私は何の為に歩いたのでしょう…?
当時の私の目はいったい何を見たのでしょうか?
今でも未解決、真相は迷宮入りのままです。

エントリーNo.5記者(みかん
改めて入試試験のことを思い出してみるけど、なかなか思い出せないです。
覚えていることといえば…
一般入試で入ったということと、
試験場所は詳しく覚えてないのですが、場所が場所だったので人が少なかったという記憶はあります。
以上です。


とのことでした。それぞれ様々なハプニングしかり、幸運しかりがあるようです(笑)
受験というのはある意味人生の分岐点です。志望大学に入れた、入れなかったとしてもその場所を楽しめるのはみなさん次第だと思います。なかなかにない「受験」という経験をぜひ楽しんでください!(^^)!
みなさんの将来に幸多きことを願っています。
そして、4月に大谷大学で会えますことを楽しみにしています。

頑張れ受験生!!

〜余談コーナー〜

春休みが始まりましたね。まだまだ寒くて毎日が辛いです。副幹(ムキサメ)です。
今回のテーマは「つくねだそうで。
つくねか……別に好きでも嫌いでもないんですけど、積極的に食べることもないですね……強いて言うなら、純粋な肉じゃないからやや苦手寄りかもしれません。つくねってタマネギとか野菜が入ってる場合がありますけど、肉を食べてるのに野菜がガリッとする感覚があまり好きではないんですよね。だからあまり好きではないです。
やはり肉を食べるなら、純粋に肉だけを食べたいものですね。

次のテーマは……「ネットリテラシー」にしましょう。大事ですよね、ネットリテラシー。
皆さんがネットリテラシーをどう考えているのでしょうか。
それではさようなら。
posted by 大谷大学新聞社 at 19:00| Comment(2) | 新聞社コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

野草探検隊〜「鴨川に生えている自然食材を食べよう」〜

みなさんこんばんは!
今回の企画は皆さんが待ちに待ったであろう「鴨川」が登場します(散歩しただけ)

今回の企画は「鴨川に生えている自然食材を食べよう」です!!!!
記者(桃太郎)渉外(江頭)が悪ノリの結果行うことになってしまった企画で多少気が重いのは気にしないで下さい。
※なおこのブログを読んで実践してお腹が痛くなる可能性もあるのでご注意ください。

大谷大学から歩くこと3分今日の食材庫鴨川に到着です!

食材庫の鴨川.JPG
(食材庫の鴨川)

茶色い草がいっぱいですね!
口に含めそうにないものが多いです…これは冬だからなのだろうか。。。
緑の草があっても到底食べれそうにないものばっかりで…
ゴミは落ちてるんですけど食べることのできなさそうな物しかなかったです。

鴨川に落ちているゴミ.JPG
(鴨川に落ちているゴミ)

川に自転車用と思われるヘルメットも落ちてたんですが自転車ごと深夜にダイブでもしたんでしょうか?

自転車用ヘルメット.JPG
(自転車用ヘルメット)

結論から言うと冬の鴨川に食べれる草なんて生えてねぇよ!
はい。ありませんでした。
泉南○オンでオフ会をしたのに誰も来なかったような気分です。

僕たちはただ鴨川で散歩しただけでした…

今回は以上です。

それではみなさんさよなら〜

ってポプテピピックみたいに終わる訳にはいかないので、イ○ン系列のスーパーにて草っぽいのを買って来て「生春巻き」を作ろうという企画に急遽変更です。

最初から生春巻きを作ればよかったってコメントした奴は許さん。

今回生春巻きのために買ってきた食材はこちら。
ドゥルルルルルルル、ドゥン


百 草 丸
   
イェェェェェェェェイ!!!

失礼致しました。
ちなみに百草丸とはよく効く生薬です。

今回買ってきたのは
野菜、肉、ライスペーパー、パクチーソースとチリソースです。

記者(桃太郎)が腕を振るって作ります。

できる漢.JPG
(できる漢)

ちなみに料理のできない渉外(江頭)は撮影係兼アシスタントです。
料理が出来るってかっこいいっすよ(笑)

できたのがこちら↓

桃太郎作生春巻き.JPG
(桃太郎作生春巻き)

野菜の味と、さっぱりとした鶏肉の風味が口の中いっぱいに広がってとてもおいしいです。
かと言って軽すぎる訳でもなくお腹いっぱいになりますのでお金を使いすぎてしまった私たち学生にはぴったりのメニューです。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

今度こそみなさんさよなら〜


〜余談コーナー〜

 皆様お久しぶりです(^^)/記者(くしM)です。提出レポートの進捗はいかがでしょう?私は…うん。この話は無かったことにしましょう^^

さて今回のテーマは「ドーナツ」です。私は揚げ物があまり好きではないのでドーナツはあまり食べないのですが、唯一例外で好きなのはミスタードーナツのポンデ黒糖味です
◎<オイシイヨ! タベテ!
 こちらは揚げ物の胃へのダメージを黒糖の優しい甘みが和らげてくれる、素朴な美味しさの光る一品です。私は携帯会社がソフトバンクなのでたまに金曜限定でクーポンが届くのですが、250円分ならポンデ黒糖を二つ食べます。そのくらい好きです。他のドーナツに浮気をする気にはなれないですね。

ポンデ黒糖「私の事どれくらい好き?」
くしM「いっぱいちゅき♡」
cポプ○ピピック/大川○くぶ
流行に乗りました。このあとピ○美に取り調べられてカツ丼食わされます。自分が何やったのか分かっとんのか、わかっとんのかーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

次のテーマは「つ」から始まるので…「つくね」です。来週担当記者の、つくねに関する神エピソードをこうご期待!(ハードル爆アゲ丸)
posted by 大谷大学新聞社 at 19:00| Comment(2) | ネタ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする