2017年06月08日

大谷いまむかし 学内を巡ってみた!

みなさんこんにちは!
記者(ロマン)です☆彡

今回の企画は、大谷いまむかし!!
記者(ロマン)記者(卵焼き)で大学内を回り、大谷大学のに通ずるものを紹介します。
本学の歴史が感じられる場所を巡っていきましょう!(^^)/

まずはから谷大生を見守ってきた大谷大学の象徴、尋源館!

423A1739.JPG
(博綜館のガラスに移る尋源館)

皆さん毎日のように見ると思うので、あえて違うアングルからの写真です!
実はこちらが正面なのです。

尋源館は1913(大正12)年10月に建てられた後、1982(昭和57)年に改修工事が行われ現在の形になりました。
この建物は三島由紀夫の『金閣寺』に登場します✨

「……本館は古い沈鬱な赤煉瓦の二階建である。玄関の屋根の頂きに、青銅の櫓がそそり立っているが、鐘楼にしては鐘が見えず、時計台にしては時計がない。……」
(出典 『金閣寺』 新潮文庫 三島由紀夫 平成十九年七月二十五日)

描写にある通り、ランタンのような建物上部の塔には鐘がついていません。

423A1825.JPG
(慶聞館から撮影した尋源館の上部)

諸説ありますが、

「鐘の音があたりに聞こえるように、灯りがあたりをともすように、真宗の教えが四方八方に広がって、救いがありますように」という願いを込めて作られたが、飾らなかった

という話を授業内で聞いた方もいるのではないでしょうか?


それでは尋源館の中に入ってみましょう!

館内2階にあるベンチは、一見どこにでもあるものに見えますが、なんと尋源館の階段の手すりから作られているんです!Σ(・ω・ノ)ノ
その痕跡がベンチの裏にあるということで……
記者(卵焼き)が床に寝ころんで撮影した渾身の1枚がこちら!

423A1725.JPG
(尋源館2階にあるベンチの裏)

人が来なくてよかった……
危ない人のレッテルを張られてしまうところでしたね。


正面から出て博綜館を通り抜けると、尋源橋の欄干があります。

423A1747.JPG
(現在でも残されている尋源橋の欄干)

尋源橋は大正2年9月に架けられました。
紫明通りに流れている琵琶湖疎水が尋源橋の下を流れていたんだそうです。

かつては周辺に田園風景が広がっていて、鞍馬口通りから正門に続く「さくら道」と呼ばれる専用道路がありました。

昔の学生はさくら道を進み、尋源橋を渡って大学に通っていたのでしょう。
なんだかロマンがありますね……!!✨
ここを渡って悠々と登校したかったなぁ、と遠い昔に思いを馳せます。

残念ながら現在は欄干のみが残され、その門は閉ざされています。
現在の正門(旧東門)から見る風景はといえば、毎日遅刻寸前で走っている学生の姿ですかね……

ちなみに現在の北門(響流館側)の門柱は、かつては正門の門柱として使われていたものです。

423A1856.JPG
(北門の門柱)


続いて、学内でいちばん新しいの象徴である慶聞館へと向かいましょう!

慶聞館に行く途中にみられる2号館の時計は、目立たないところにあり、記者(卵焼き)に言われなければ通り過ぎてしまうところでした。

423A1774.JPG
(2号館の時計)

屋外の時計は学内でここだけ!
博綜館ができたことによりその役割を終えた今でも、誰の目にも止まらない場所にひっそりと建っています。


そうこうしているうちに、慶聞館に着きました。

入ってすぐのテーブルには「華厳」の彫刻が!

423A1805.JPG
(慶聞館1階のテーブルにある「華厳」の彫刻)

これは慶聞館建設に伴い取り壊された1号館の南側壁面に設置されていたものの一部です。
入学した当初は「何コレ!?」と思っていました。
この彫刻の正体は知らなかった方も多いのではないでしょうか?


そして、皆さんご存知の通り大谷大学では、キャンパス総合整備計画が行われています。
その一環で、2018年4月には慶聞館と響流館に繋ぐ連絡ブリッジが増設されます。
行き来が便利になり、雨の日でも濡れずに移動できますね!(*^^*)

423A1848.JPG
(ブリッジが連結される場所)

詳細は下記のアドレスをご参照ください。
(大谷大学HP http://www.otani.ac.jp/buildup_plan/nab3mq000003gx6d.html


このように著しい変化を見せる大谷大学。
その前身である東京・巣鴨の真宗大学が開校してからずっと大学の変遷を見てきたのが……
こちらの正門横の喫煙所前に立つ「知進守退」の碑です!

423A1868.JPG
(100年の星霜を見守る「知進守退」の碑)

東京から京都に移されてからも、学内整備に伴い場所を変えています。
ライトアップされた姿も綺麗ですよね✨

今回、に通ずるものをたくさん見つけることができました!
みなさんも学内を巡り、大谷大学の歴史に思いを巡らせてみてはいかがでしょうか(^^)♪


☆おまけ☆ 〜今はなき建物〜

IMG_5789.JPG
(現在のプレハブになる前の至誠館 提供 学園祭実行委員会) 

559A7549.JPG
(取り壊された1号館)

新しいものができれば、消えゆくものもあるということですね……
寂しい気もしますが、こうやって大谷大学は変化を続けていきます。
今後の谷大に期待しましょう!

以上、記者(ロマン)でした!
また会う日まで☆彡


〜余談コーナー〜

皆さんこんにちは!記者(キャラメル)です。
今回の余談テーマは副幹(ムキサメ)よりゴーヤです。
副幹(ムキサメ)…。「ご」から始まることばって色々あるやん!
ゴマ団子とかゴディバとか!なんでゴーヤなんよ!
 ※記者(キャラメル)はゴーヤが苦手です。

話しをもどします。ゴーヤについて語りましょう。
ゴーヤ…。ゴーヤといえば、どんなに小さく切っても存在感を主張してくるやつですね。
どうしてもあの苦みが好きになれないんですよね…。
いつかは美味しく食べられるようになりたいものです。

今回のテーマがゴーヤだったので、次のテーマは「や」から始まることばということですね…
では「約束」にします!たぶん皆さん書きやすいはずです。
では、今回はこのへんで。


ラベル:大谷大学
posted by 大谷大学新聞社 at 20:00| Comment(2) | 行ってみた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

有頂天&たまこW聖地巡礼!〜おもしろき古都は、良きことなり〜

みなさんこんにちは!記者くしMと記者メロンパンです。
今回は、とあるアニメの聖地巡礼に行ってまいりました…!
そのアニメとは……(;・`д・́)!?
狸と天狗といった動物が主人公のアニメ、「有頂天家族」です!!!
もう一つは、高校一年生の女の子と言葉を話す不思議な鳥が繰り広げるアニメ、「たまこまーけっと」!!!
2作とも京都が舞台となっているアニメです。

まずは「有頂天家族」の聖地である下鴨神社に行ってみましょう!
_MG_2182.JPG

夕方5時過ぎにお参りに行ったので門は締まっており、中に入ることができませんでした。…なので門の外からパシャリ。こちらの門は一期OPをはじめとした様々なシーンに登場します。
辺りはライトアップされていて綺麗でした。では、そこから続く糺の森からもう一つの聖地である叡山電鉄出町柳駅にも行ってみることにしましょう!
糺の森には有頂天家族の主人公たち下鴨家の住処があるという設定で、実際狸が住んでいるとかいないとか…しかし、今日は会えませんでした。途中、記者くしMは眼鏡を蛾のような生き物に襲われました。虫、いっぱいいた…
糺の森は雰囲気が良いです。パワースポット。
_MG_2190.JPG

さてさてやってまいりました。出町柳駅!次男がお迎えしてくれました。ケロ。彼と言えば叡山電鉄ですね。…ん?ああ、有頂天ファンの皆様。ちゃんと本物の叡電が運行しているので安心してください。偽叡電ではないです。
_MG_2195.JPG_MG_2196.JPG

改札口前には有頂天家族のスタンプが…!!
_MG_2197.JPG

そうなんです…!4月7日(金)から9月18日(月・祝)の間、出町柳駅をはじめ、南禅寺など指定された8つの箇所に設置されているスタンプをすべて制覇すると、比叡山電車・出町柳駅またはアニメイト京都にて「有頂天家族」のクリアファイルが貰えるとのこと。これはぜひ、集めなきゃですね!!早速一個目のスタンプ、GETです。あと7つ。まだまだ道のりは長いですが記者メロンパンは気合十分です!皆さんも、ぜひ観光がてらにスタンプラリーのチェックポイントを回ってみてはいかがでしょうか? ちなみに、改札口を抜けると「有頂天家族」の海星のパネルもありましたよ!本物をこの目で見たい方はぜひ、叡山電車出町柳駅へ!
_MG_2198.JPG

続きまして、「たまこまーけっと」と「有頂天家族」の聖地である、出町柳商店街にも行ってみました…!夜にもかかわらず人の通りはまだまだ多かったです。この通りは2作ともアニメの中に出てきています。
_MG_2202.JPG_MG_2209.JPG
商店街を進んで行くと大きなマグロのオブジェが天井から吊り下げられていました。これは「たまこまーけっと」のOPやアニメの中にも登場するものじゃないですか…!!!
_MG_2211.JPG
想像していたより大きくて驚きました( ´∀` )こちらは京都にある芸術系大学の生徒さんによって造られたそうです。

さらに、出口付近にたまことデラ・モチマッヅィとメチャ・モチマッヅィの飛び出しくん風手作り看板が…!!とてもかわいらしかったです(*^^*)ファンの方々の愛を感じますね!
_MG_2213.JPG_MG_2214.JPG
もう大満足でした!!そろそろ帰ろうと思った矢先、なんと、出口付近の魚屋の店主さんが「有頂天家族」と「たまこまーけっと」の交流ノートを持ってきてくださったのです!!聖地巡礼にはるばる京都までやってきた方々の熱い気持ちが伝わりました。_MG_2215.JPG
それに加え、天井から「たまこまーけっと」のポスタ―とハチの巣のオブジェを下してくれたのです…!!!そして写真までも撮ってくださったのです!!
_MG_2212.JPG
素敵な店長さん。
_MG_2216.JPG
出町商店街の方々は、町ぐるみでアニメの聖地巡礼者を優しく迎えてくれる温かい方ばかりでした!下鴨神社〜出町柳駅は鴨川の景色がとても良く、4月の始めには桜を楽しむことも出来ます。夏は送り火がよく見えそうですね。

北大路駅から歩いてもそれほど遠くないので、授業の空きコマにでもぜひ聖地巡礼をしてみてはいかがでしょうか。

〜余談コーナー〜
はじめまして、新入社員の記者(桃太郎)です。
大学に対して格式が高く、勉強にしか興味がない世界というイメージがありましたが、周りの先輩方、同回生がとても優しく親切なことに今は安心しています(^−^)
親の元を離れての一人暮らしには、何とも言えない寂しさというものがありますが、皆さんはいかがでしょうか?実家では疎ましく思ってしまっていた親の有難み温かみというものが身に染みています。
posted by 大谷大学新聞社 at 19:17| Comment(0) | 行ってみた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

京都の名所は市外にもたくさん!

 お久しぶりの総合補佐(財務)編集補佐(ま)です!

 今回は春休みに行きたい京都の名所ということで「宇治」に行ってきました!Twitterで写っていた甕の写真は駅前に設置されていた茶壺型のポストです。(笑)
CY4wudHUoAEtUWO.jpg-large
(茶壺型のポスト)
 
 さて、なぜ宇治かと言われる方もいるかもしれませんが大谷大学に在学する生徒の約半数以上が県外から来ています。県外から来た人にとって遊びに行くといっても烏丸御池や、四条辺りになってしまいます。春休みになって時間に余裕が出てくるからこそ、あまり足の運ぶことのない宇治を取り上げてみました!

行った場所としては平等院宇治神社宇治上神社宇治市源氏物語ミュージアムに行きました!

 まずは平等院鳳凰堂に行ってきました。JR宇治駅から東へ徒歩で10分ほど歩いたところ世界遺産の平等院鳳凰堂があります。10円玉に描かれているお寺です!
ちょうど春に行けば桜が咲いていて、鳳凰堂の壮大さとともに風情を感じることができると思います。4月中旬〜5月上旬には藤が咲いていて拝観者を迎えてくれるだろう。つまり、桜の咲いた時期にもう一度行きたくなること間違いなし!秋には紅葉。四季を感じることができるおすすめの場所です!(拝観料:大人600円。鳳凰堂内拝観料別途300円)
423A2319.JPG
(平等院の鳳凰堂)

 また、ここには日本三名鐘のひとつの鐘がある。名は無銘だが「姿、形の平等院」と言われている。なぜ、そのように呼ばれているかというと鐘にほどこされた装飾が美しいからである。
423A2342.JPG
(平等院の鐘)

 さて、次は平等院鳳凰堂から宇治川を渡ってすぐに宇治神社に行きました。正しい道へ導く神使いの「みかえり兎」で有名です。鎌倉時代初期の建築物です。とても歴史が感じられます!(ちなみに、アニメ「響け!ユーフォニアム」の聖地でもある。)
559A6749.JPG
(宇治神社本殿)

 宇治神社から出て、山の方へ歩いてすぐに宇治上神社がある。明治維新までは宇治神社
と二社一体で、離宮上社、離宮下社と呼ばれていた。ユネスコの世界遺産に「古都京都
の文化財」の構成資産の一つとして登録されている。また、境内では宇治七名水の一つ
に数えられていた「桐原水」が今も湧いている。だが、生水なので飲めないので注意!
559A6770.JPG
(手を清める総合補佐(財務))
  
 最後に宇治市源氏物語ミュージアムへ行ってきました。源氏物語の第3部の舞台は京都の宇治となっています。館内を順番に周ることで『源氏物語』のストーリーがよくわかる構造になっていてとても興味深いものであった。また、映画(20分ほど)もあり、源氏物語の世界を味わえるいいものでした。取材した担当の記者が源氏物語に関する前知識があまりなかったが楽しむことができた。もっと楽しみたい人は前知識あった方がいいと思う。また、観覧券がおしゃれでした!(入館料 大人500円)
559A6787.JPG
(源氏物語の一部を表した模型)

 取材した記者は初めて宇治に行ったが京都らしさが味わえるところでいい所であった。観光都市ということで全体的に外国人の観光客の方が多かった。ぜひ、皆さんも春休みに宇治に行ってみてはいかがですか。

〜余談テーマ〜 「今年の抱負」
 皆さんこんにちは。今年、自分に届いた年賀状最低記録0枚という新記録を更新した記者(俳句)です。
 まあ、送ってないから来るはずもないのですが。自業自得ですね。

 今回のテーマは「今年の抱負」

 正直、自分は抱負とか目標とか、そういうのってあまり立てたことがないので、いまいちピンときません。人生の目標みたいなものなら、なんとなく持ってますけど、今年一年、と期限だけを定められると難しいです。
 今年の抱負ということなら、自分に足りないものを埋めるようなことを目標にすればいいと思うんですけど、それって期限を定めるようなものじゃないですし、そもそも一年で達成できるとは思えません。いや、そういうことじゃないっていうのは分かるんですけど。
 それでもあえて今年の抱負を定めるとすれば、「期待に応える」、でしょうか。
 新聞社として活動する中で、いろいろ任されることが今後増えてくるんじゃないかと思いますが、任されたことはしっかりこなして、すべきこともきっちりやって、相手を落胆させないようにしたいです。
 まあ、これは新聞社以外でも言えることですけどね。やるべきことを、計画性を持ってちゃんとやりたいです。とりあえず、これを今年の目標にしましょう。
 それでは、最後に一句、詠んで終わりとさせていただきます。

「来年こそはがんばる」元旦かな
ラベル:観光 春休み
posted by 大谷大学新聞社 at 18:08| Comment(0) | 行ってみた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする