2015年02月19日

「グルメ探訪inうさぎ屋」

春休みを有意義に過ごしすぎて昼夜が逆になりかけている財務補佐です(´・ω・`)
たまに出かけに行くのですが、やっぱり生活リズムの問題で眠たく感じることがあります(笑)

それはさておき、今回のテーマは「グルメ探訪」ということで、地下鉄・鞍馬口駅から徒歩5分の所にある「うさぎ屋」というラーメン屋に行ってきました。

ちなみに、「うさぎ屋」という名前は干支のうさぎ年にお店を始めたということからきているそうです。

IMG_0413.JPG
(ラーメン、780円)

ラーメンを食べてみました。
そのラーメンが大盛りで、一般のラーメンの倍はありました。久しぶりにお腹いっぱいまで食べました。

なぜラーメンが大盛りなのかというと、そこには店長・佳山さんの「お腹いっぱい食べることによって得られる満足感を第一に」というこだわりによるものでした。
麺が太いので、時間をかけて食べてもすぐに伸びるということはありません。

IMG_0417.JPG
(量がたくさん)

値段の方は、量との比率を考えると非常にお得です。

そして気になる味は非常に濃厚なのですが、クドさはなく、非常に食べやすいものとなっていました。

是非みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか。

〜余談コーナー〜

どうも、おはこんばんちは!
編集補佐(クイズ)です!
豆まきも過ぎましたが、この余談テーマの「豆」はまだまだ続きます。もうバレンタインも終わったのになぁ…
え、なに、チョコ? 貰いましたよ!
アニメイトで、「こころぴょんぴょん」って言って貰ってきましたが何か?
※バレンタインデーで、アニメイトでは「こころぴょんぴょん」と言うとチョコが貰えたのです。
そんなことはさておき豆の話題へ。
皆さんは、豆まきの際に何と言いますか?
たぶん、「鬼は外、福は内」と言いますよね?
私の実家である愛媛県、その海岸沿いにある今治は鬼瓦が有名で、豆まきの際は「福は内、鬼も内」と言って豆まきをするんです。
つまり、豆を当てられることもなく、鬼は安心してお家に入れる、ということです。鬼役を務める編集補佐(とかち)も大歓喜でしょうね(笑)
余談コーナーはここまで!
じゃ、ぐっばいちゃ!
posted by 大谷大学新聞社 at 19:04| Comment(0) | グルメ探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

北大路グルメ探訪J〜あんびしゃす花〜

こんにちは。編集補佐(びわこ)です。


今回は「グルメ探訪」の企画で、編集長と一緒に「あんびしゃす花」というお店にお邪魔しました。

大谷大学から「あんびしゃす花」までは自転車で約10分。北大路通り沿いにあるお店です。

unnamed.jpg
(外見の写真)


大谷大学からも遠くない場所にあるためか新聞社の部員も、
「あんびしゃす花いってきたよ!!!おいしかった!!」とよく言っています( ^~^)



つけ麺がメインのお店ということもあり、おすすめのメニューは「こく旨濃厚つけ麺(830円)」と「こく旨しょう油つけめん(790円)」です。



今回、いただいた料理はつけ麺の「辛醤つけめん(840円)」と「担担つけめん(790円)」


IMG_0398.JPG

IMG_0402.JPG
(出来たての料理の写真)

あんびしゃす花の魅力はなんと食べる麺の量(200g〜400g)が選べて、料金の変わらないということ!!!



この写真に載っている「辛醤つけめん」は大盛り(400g)です。そして味付玉子(+100円)を追加。お昼を食べてからつけ麺を食べたのですが、ペロリとたいらげてしまうぐらいおいしい!!

「担担つけめん」には温泉玉子(+80円)が追加されています。



そして、だしに、こだわって作られているつけ麺。

味の濃いスープが太麺と絡んでアツアツをほおばる度に幸せいっぱいに(*´▽`*)

太麺を推しているのも、「味の濃いスープとよく合うように」とのことです。



割りスープもあるのでつけ麺を食べた後、残ったスープと割って飲むのもおいしい。

割りスープだけでも、しっかりと味があるので、「あんびしゃす花」で働くバイトさんの中には、白いご飯に割りスープをかけていただく人もいるようです。

お店に行かれる方はぜひ試してみてください!



2011年から営業している「あんびしゃす花」。

以前、訪れた時も学生のお客さんが多い印象を受けたのですが、7割が学生のお客さんで大谷の学生もよく訪れるのだとか。



そんな「あんびしゃす花」を経営する店長の谷口順一さんにお話を聞いてみました!


―――なぜ北大路という土地でお店を開こうと思ったのですか?

一乗寺にお店を出すことも考えたのですが、わざわざ食べに来てもらえるお店にしようと思って、あえて一乗寺ではなく、この土地でお店を出すことにしました。



―――あんびしゃす花の名前の由来は?

アンビシャスと聞くと野心と捉える人が多そうですが、そういう意味ではないんですよ。花というのはお客さんの笑顔の「花」を咲かせたいということで。近江商人の三方良しからお店が潤って、食べてる人も喜んで、周りの世間の人たちにも喜んでもらって、笑顔の花を咲かせていきたいという意味を込めています。



―――お客さんに向けて一言

ぜひ一度来てみてください!この通りには他のラーメン屋さんもあるので。お待ちしています!



あんびしゃす花の営業時間は11:00〜14:30 17:30〜23:00 毎週火曜日は定休日なのでご注意を!

行ったことがない人は、是非行ってみて下さい!きっと笑顔になれますよ♪





〜余談コーナー〜

どうも!!編集補佐(スポーツ担当)です。



今回の余談のテーマは「雪の日の思い出」ということで、

京都は雪が珍しいので、とにかく雪を食べます!!



雪が降ると、いつも友達同士でかき氷を食べます。

意外とまずくなく、普通の氷と変わりません。



雪の日ならではの楽しみ方です!!



雪合戦などに飽きた方はぜひ!!

posted by 大谷大学新聞社 at 19:34| Comment(0) | グルメ探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

暑い夏!ひんやりかき氷!!

こんにちは!毎日暑くて溶けそうな編集補佐(とかち)です。
毎日毎日暑くてたまりません。溶けてなくなってしまいそうです。

はい。というわけで本題です。
今回のテーマは「下鴨神社の美味しいかき氷」です!
テーマからもわかるとおり下鴨神社に行ってきました。
初めて行ったのですが糺の森の中にあるだけに周りよりも少し涼しかったです。
木漏れ日の中を歩いていると蝉の鳴き声が聞こえてきて夏を感じました(・ω・)
境内の中は自動車の音もあまり聞こえずとても静かでした。
例えるなら異空間に来たような感覚になりました。

そんなこんなでかき氷を売っているお店に着きました!
私は気になっていたいちご味のかき氷を頼んでみました。
少し待った後にかき氷がきました(`・∀・´)
最初からシロップがかかっているのではなく氷と別々になっていて
自分でかけて食べるというスタイルでした。それでシロップをかけて食べてみました!
氷がふわふわで口どけがよくいちごの果肉ととてもあっていて非常に美味しかったです。

s_IMG_0085.JPG
(いちご味のかき氷)

ほかにも抹茶味も頼んでみました!こちらは抹茶の味が活きていました。
小豆がついていてこれがアクセントになっていてとても美味しかったです。

s_IMG_0084.JPG
(抹茶味のかき氷)

今回はかき氷を食べに行ったのですが、来週からは下鴨神社で下鴨納涼古本まつりも始まります。
下鴨納涼古本まつりに行ったあとにかき氷を食べて涼んでから帰るというのも良いかもしれませんね!
この「下鴨神社の美味しいかき氷」は4号紙に続きます!お楽しみに!

〜余談コーナー〜

おはようございます こんにちは こんばんは
編集長です。
夏休み始まりましたね、皆さん楽しい夏を送れてますかぁ?

はい、今月の余談コーナーのテーマは・・・「あの夏の日の思い出」

うーん、思い出話を書けということですかね。
まぁ、僕は夏といったら「キャンプ」のイメージが強いです、はい。
小学校の時は、学校の行事として「キャンプ」がありました。
珍しいんですかね?どうなんでしょ。
その中でも、一番印象に残っているのは小学校6年生の時のキャンプですね

当時、僕は一つ下の学年に好きな女の子がいまして・・・。
どんな子だって?イメージとしては、NARUTOに出てくるヒナタみたいなね。

普通に仲良かったのですが、なかなか思いは伝えることが出来ず。
もうキャンプぐらいしかないと思ったんですよ
なぜなら、目玉イベント「肝試し」があったから!!同じ班になって、かっこいいところを見せてやる!みたいな。

そして迎えた「肝試し」 気になるあの子と・・・。違う班。
でも、神は僕を見捨てなかった。
肝試しから帰ってくると、なにやら周りがざわついている。
聞くと、途中でバラバラになってしまった班があるという。しかも、その班は
気になるあの子がいる班!

僕は走りました。あの子の無事を願って。
走り回っていると、見つけたんです。膝を抱えて縮こまっているあの子を。
「動けない」というので、僕は急いで先生を呼びに来た道を逆戻り。
先生のところに着き、事情を説明していると、なにやら歓声が・・・。
同じクラスの男子が誰かを、おんぶしている。
おんぶされているのは、気になるあの子・・・。
気づきました・・・。
「おんぶの発想なかったぁぁぁぁ」
結局、その子は、その男子と良い感じになりましたとさ、チャンチャン。
以上、編集長でした♪



posted by 大谷大学新聞社 at 19:04| Comment(0) | グルメ探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。