2017年12月14日

魂を揺さぶる歌声!たにこん定期演奏会

みなさんこんにちは!記者(ロマン)です☆彡

今日のブログでは、12月10日(日)大谷大学混声合唱団(以下、たにこん)
「第46回定期演奏会」の様子をお届けします。

実は私、1人での学内団体の取材は初!でした。
それでは演奏会の内容を見ていきましょう〜〜^^

Stage1 混声合唱曲集「捧げる言葉」
                         作詩 谷川 俊太郎 作曲 信長 貴富
 1.序詩
 2.いまここにいないあなたへ
 3.ただ生きる
 4.捧げもの
                        指揮 栗原 海 ピアノ 村上 優(常任)

Stage2 「A Little Jazz Mass」for the mixed voice  
                                  作曲 Bob Chilcott
 1.Kyrie
 2.Gloria
 3.Sanctus
 4.Benedictus
 5.Agunus Dei
                 指揮 佐藤 謙蔵(常任) ピアノ 宮崎 友香子(客演)

Stage3 混声合唱とピアノのための組曲「みやこわすれ」
                           作詩 野呂 昶 作曲 千原 英喜
 1.薔薇のかおりの夕ぐれ
 2.はっか草
 3.すみれ
 4.みやこわすれ
                      指揮 中村 明楓梨 ピアノ 村上 優(常任)

559A4330.JPG
(演奏中の様子)

どの曲も心に響く、丁寧な演奏でした!
夏のジョイントコンサートでも披露された曲が演奏され、懐かしい気持ちになりました✨
Stage2では、ミサなのにアップテンポだったり、ブルースっぽかったり、様々な曲調に心が躍りました(^^♪
アンコールではグラスハープ(グラスのふちをなぞり音を出す)の演奏も披露され、目と耳が離せない2時間でした。

559A4418.JPG
(グラスハープでの演奏)

配られたプログラムには工夫が沢山あり、団員の紹介ページは思わず笑ってしまいました。
気になる方は是非、来年の演奏会に足を運びましょう!!♪

演奏会終了後のロビーでも歌の披露があり、大盛況でした。

最後に、笹川龍平さん(歴史学科・第3学年)
「来年も定期演奏会やります!!」とこれからの活動への意欲を見せました。

559A4472.JPG
(来年への想いを語る様子)

終演後のたにこんの皆さんの達成感溢れた表情が印象に残っています。
素晴らしい演奏会でした!

ロビーに残っていた団員にインタビューすると、佐々木大吾さん(歴史学科・第1学年)は「少し緊張したけれど、楽しかった!」と満足げな顔を見せてくれました☆


後日、学生正指揮者を務めた中村明楓梨さん(文学科・第3学年)にお話を伺いました。

――練習で苦労したことは?
「団員各々の求める音楽の方向性が異なった時、どれを選択するかを決定することに苦労しました」

――当日の感想をお願いします
「21年間で最も達成感を感じた日でした。ありきたりな言葉ですが、本当に楽しかったです!」

――今回の公演について
「前期のサマーコンサート時のやる気もなかなかのものでしたが、定期演奏会は今年1年間の集大成ということもあり、演奏会の開催に関わるすべての人の当日の熱意やモチベーションがこれまでと桁違いでした。団員の歌声、ピアニストの先生方の伴奏も今年でいちばん心のこもったものになりました」

――学生正指揮者としての想い
「私は今は合唱をしていますが、中学では吹奏楽部でした。3年生の時の部長さんがクラブ紹介で『お客様たちが、私たち(吹奏楽部)のことを好きになってしまうような演奏をします』と言っていました。それと似たようなことを思いながらたにこんで2年間指揮をしていました。
たにこんのする合唱を通して、曲を、合唱を、何よりたにこんの魅力を伝えたい。私はその架け橋として指揮者という道を選びました。
『たにこんの演奏会行きたい!』『あの時たにこんが歌った○○という曲が好きになりました!』という声を2年間でたくさん聞いたので、私の願いは叶いました。
また、お客様だけでなく団員からも『たにこんに入って合唱を好きになった』『明楓梨さんの選んだこの曲がお気に入りです』という言葉を聞けたのも嬉しかったです」

と、熱く語っていただきました!
中村さんの指揮をする姿は強く、優しく、見る者を惹きつける魅力がありました。

559A4373.JPG
(指揮をする様子)

心揺さぶられる演奏、素敵でした!!!

以上、記者(ロマン)でした☆彡
また会う日まで!


〜余談コーナー〜

こんにちは!記者(めろんぱん)です。

今回の余談のテーマは「Zoo」ですね!
Zooといえばバールセンの「ズービスケット」がすごくオススメです…!
バターたっぷりの動物型抜きクッキーで、食べると幸せな気持ちになりますよ(*^^*)
オススメのお菓子なので気になる方は是非食べてみてください( ÒㅅÓ)キリッ

では次のテーマですが「オレンジ(orange)」でお願いします(^^)

posted by 大谷大学新聞社 at 20:00| Comment(0) | 学内団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

2017年度劇団蒲団座の引退公演「赤鬼」を観に行きました!!

こんにちは!
お久しぶりです。主幹(あいす)です!
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
明日から12月が始まり、2018年まであと1ヵ月となりますね。

今回、11月25日(土)と26日(日)の2日間に、大谷大学講堂棟3階多目的ホールにて公演された2017年度劇団蒲団座やだよぉ引退したくないよぉ〜でもやっぱり引退公演『赤鬼』を観劇しに行きました!

IMG_4293.JPG
(受付の様子)

会場へ向かい受付を終えると、スリッパに履き替え案内してもらいました。
私が今まで足を運んだ公演の中でスリッパに履き替えることはなかったため、新鮮な気持ちで会場へ入ると、床一面に白い布が敷かれ、草や瓶などの小道具が置かれていました。
舞台上だけでなく舞台下でも演技されるのかな、と勝手に予想していたのですが…

今回の公演、なんといっても演出がすごいんです!!!

観客のすぐ目の前で演劇が繰り広げられているのです。
役者の迫力ある演技、息遣い、表情をぐっと感じられ、劇にのめり込んでしまいました。

この演劇は、とある村の嫌われ者「あの女」、あの女の兄「とんび」、村1番の嘘つき「ミズカネ」、そして、キーパーソンとなる「赤鬼」の4人で物語が展開していきます。
4人の役者で村の住人も演じ分け「ああ、すごい」と演技の幅の多さに脱帽しました。

私は1年の時から劇団蒲団座さんの演劇を観させていただいているのですが、同学年の方が引退されるとのことで「3年あっという間だなぁ…」と感慨深い気持ちで観劇しました。

演劇終了後、今回出演した役者の方々に引退公演について話を伺いました!
あの女役の青木さん、あの女の兄、とんび役の350単位さん、今回の演劇の演出を手掛け、嘘つきのミズカネ役の後藤さん、赤鬼役の牧よしおさんの4名です。

IMG_4296.JPG
(左から後藤さん、青木さん、350単位さん、牧さん)

―――公演の見どころについて
後藤さん「今回の公演では劇中に「海の向こう」の絵が出てくるのですが、ぜひ見てほしいものとなっています。そして布や小道具の数々にも注目してほしいです。また、観客と近い距離で演技するので迫力あるものになったのではと思います」

―――『赤鬼』を脚本に選んだ理由
後藤さん「実は、赤鬼は青木さんが「やりたい」と持ってきてくださったものなんです。」
青木さん「赤鬼は別の劇団で公演されているのを観劇して自分の中で印象に残った作品でした。劇団蒲団座の仲間と公演したいと思い、皆に持ちかけました」

―――役を演じるにあたって
青木さん「私が演じた役の雰囲気に合わせて、普段より声を低くして演じることを心がけていました」
牧さん「今までに演じたことのない役だったため、仕草や動き方など全てを工夫しました。周りの方の助言があり、役作りができたと思います」
350単位「僕が演じさせていただいたとんびの回想のセリフ、その他の役の演じ分けが難しく、苦労しました」
後藤さん「僕は役者と演出をやらせていただきました。役を演じるにあたっては、役のセリフがとても多く、演出との両立で大変でした」

今回、演出と役者を兼任した後藤さんは、仲間からみても「色々動いて大変そうだった」との声があったそう。「僕自身も大変だったので、今後は、役割分担に配慮しながら動いていければと考えています」と後藤さんは振り返りました。

最後に、役者の中で引退される青木さんに話を伺いました。
―――引退にあたって一言
青木さん「今回の公演で私を含めた3年の引退となるのですが、私は正直あまり実感が沸いていません。後輩たちにはこれからも楽しみながら演劇してもらえたら嬉しいです。また、演劇をする機会があれば、蒲団座での経験を活かしていきたいと思っています」

取材にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
今後の劇団蒲団座の活躍を楽しみにしています!

IMG_4298.JPG
(劇団蒲団座の皆さん)

〜余談コーナー〜

こんにちは!
記者(桃太郎)です。
さて、今回のお題は「キムチ」とのことですが、僕はキムチも含めて辛いものが大嫌いなのです。辛いものが嫌いすぎて、正直見るのも嫌なのですが、この時期は辛いものが特に人気になりますね……。しかし、私はカレーですら甘口でないと食べられないほどに辛いものが嫌いなのです。いや分かりますよ、辛いもの食べると暑くなって身体がポカポカしますよね。ですが、辛いものでなくても体が温まる物はいくらでもあるのですから、甘党の事も考えてください(´;ω;`)
まあ、泣き言も言い終えたところで、次のお題は「チーズ」です!お次の方、はりきってどうぞ!(o^―^o)ニコ
posted by 大谷大学新聞社 at 20:14| Comment(0) | 学内団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

大谷大学茶道部「秋季茶会」に行ってきました!

皆さん、こんにちは!今回、(編集長)うどん(記者)めろんぱんは、真宗教化センター「しんらん交流館」にて大谷大学茶道部の「秋季茶会」を取材してきました!台風の影響により生憎の雨模様でしたが、他大学の茶道部の方やOBの方々が多く訪れていました。

423A9946.JPG

私たちが取材した際は点前、半東共に1年生がつとめており、お道具の説明や点前が点てたお茶を来場者に取り次いだりする姿はとても素敵でした!!ちなみに点前をつとめた1年生の方は今回の茶会が初めて披露する場だったそうです。

半東によって季節のお菓子とお茶が運ばれてきました(*^^*)

IMG_2755.JPG

今回のお菓子は「鶴屋吉信」の綾錦でした。鮮やかなきんとんによって包まれた甘みが強めなお菓子で中の粒あんもとても美味しかったです。また、お茶は「一保堂」の月影というもので甘みを含んださっぱりとしたとした味わいを感じることができ、飲みやすかったです。両方とも秋限定のものなので、興味のある方はお店に足を運んでみてはいかかでしょうか。


423A9928.JPG

(編集長)うどん(記者)めろんぱんは心安らぐひとときを過ごすことができました(^O^)また、今回の茶会は3年生にとって最後の茶会だったそうです。次回行われる茶会は新体制となった茶道部によって行われるのそうなので、是非参加したいですね!
ではでは、今回はこれで失礼します( ÒㅅÓ)キリッ

詳細はfacebookにて掲載されているので、そちらも合せてご覧ください(^^)/
→"https://www.facebook.com/otani.shinbun/posts/1536211903137397"

〜余談コーナー〜

こんにちは〜!!記者の(れい)です°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
最近の食べ物系ブログは私が携わっていたり…(笑)
そんな食べるの大好き、甘いもの大好きな私の最近のマイブームはちりめんじゃこです!シラスはまだ食べたことないですけどね(笑)

まぁ、シラスは置いといて…、今回のお題は【栗(くり)】です!!
(シラスじゃないんかいっ!(笑))
栗って最近高いですよね…。この前スーパーで見かけて、ビックリしました…。
でももし栗が食べられるなら、くりご飯が食べたいです!!(^▽^)♡
栗のスイーツもいっぱい食べたいです…✨
はい!では次のお題は【リアルタイム】ということで!(笑)
来週はどんな記事なのか、楽しみですね☆彡
posted by 大谷大学新聞社 at 18:58| Comment(0) | 学内団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする