2017年03月16日

2016年度スポーツまとめ!!

皆さんどうもこんにちは!そしてお久しぶりです。スポーツ部長(京ゆば)です!

明日は卒業式ですね!卒業される方おめでとうございます!!

ではではいつもの前置きは置いといて本題へと移りましょうか(*^^)v

今回は、スポーツの結果まとめです。この一年間でどのような結果になったのかお送りしていきます!今回紹介する団体は、サッカー部、硬式野球部、アメフト部、男子バスケットボール部です!

それではどうぞ(^O^)/

まずは大谷大学サッカー部

サッカー部は前期6勝2敗1分で前期リーグを4位で通過し、チャレンジリーグへの挑戦権を獲得しました!
そして前期では能勢健人選手(国際文化 3回)が得点ランキングとアシストランキングで2冠を達成しました!

そして次は後期チャレンジリーグです。後期成績では、敗北が多く見られたが、無事に入れ替え戦に挑めることができました!

入れ替え戦では、学生会が課外活動応援ツアーを行うなどして、学生一同となって応援してました。結果は負けてしまい残留となったが来季での活躍にも注目したい。

423A1792.JPG

次は硬式野球部

硬式野球部は今シーズンの成績を見る限り負け越しが多く、2部に降格してしまった。
来シーズンで昇格できるように活躍してほしい。

IMG_5872.JPG

次にアメリカンフットボール部

Div.V Eブロック(少人数11人制)で活躍するアメリカンフットボール部の今季の成績は0勝3負1分で5位という結果に終わりました。
来季での活躍に期待しています。

次に男子バスケットボール部
バスケ部は6部リーグを全勝で戦い抜き、優勝をしました!

最優秀選手賞に大谷大学から石野 雅人選手(4回生)が選ばれました!
そして、3point数でも2位ですが、岡田 尚大選手(2回生)も選ばれました!
この調子で来季シーズンの活躍に期待したいです!!

IMG_6025.JPG

余談コーナー〜来年度の抱負〜

こんにちは!主幹(あいす)です。
3月ももう中旬!早いですね。
明日は卒業式ということで、4年生の皆さんご卒業おめでとうございます!
我らが前主幹もとうとう卒業なんです。一緒に新聞社で活動してきた思い出が走馬灯のように駆け巡ります。
寂しいですが、やはりおめでたいものですね(^ ^)

さて、今月のテーマは「来年度の抱負」ということで、4月からの私の目標ですね。やはり願わくは健康に過ごしたいです。昔おばあちゃんに「生きているだけで十分だよ」と言われたことがありますが、健康に生きられるって本当に素晴らしいことですよね( ^ω^ )
新聞社でも後輩をいろんな取材へ連れて行きたいですね。そして一眼レフで写真をよりダイナミックにかっこよく撮れるようになりたい!
時々傾いてしまいます…( ; ; )

現状に甘えず、がんばっていきます!
posted by 大谷大学新聞社 at 19:00| Comment(0) | 学内団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

フォーク研究会の「オータムライブ」に行ってきました…!

どうも!最近、メロンパンへの愛がヒートアップしつつある、記者(めろんぱん)です(^^)笑
今回は特別更新の記事となります!

今回、10月23日(日)に大谷大学講堂にて開催されたフォーク研究会の「オータムライブ」に、
憧れの主幹(あいす)と行ってまいりました…!!
26組のバンドが参加ということもあり、講堂内はフォーク研究会のOBも含め、
多くの人で賑わっておりました!
これから、個人的に印象に残った3組のバンドを紹介していきます。

4.JPG
(バンド名「砂糖とコーヒー」によるライブの様子)

男性3人、女性1人の「砂糖とコーヒー」によるライブで、オリコンシングルランキング5位に入った人気曲、「シュガーソングとビターステップ」を演奏しており、会場も大変盛り上がっておりました(^O^)

2.JPG
(バンド名「ちびくろさんぼ」によるライブの様子)

女性2人組の「ちびくろさんぼ」によるライブで、これまでのライブの雰囲気とはまた違う、ゆったりとした曲調が特徴の可愛らしい印象を感じることができました(*^^)

1.JPG
(バンド名「女王蟻」によるライブの様子)

前半のラストを締めくくったのは男性3人女性2人によるバンド「女王蟻」です…!
メンバーの中でも特にボーカルの声量がすごく、多くの観客を魅了しておりました!

講堂でのオータムライブは、年に一度という事こともあり、部員それぞれが、楽しそうに演奏している姿が見受けられました(^^)/
観ているこちら側も気分が高揚してくる素晴らしいライブだったので、11月12、13日の
学園祭期間中に開催されるフォーク研究会のライブにもぜひ、行こうと思ってます!
皆さんもぜひ、足を運んでみてはいかかでしょうか。
ではでは、今回はこれで失礼します( ÒㅅÓ)キリッ

*今回は特別更新のため余談コーナーはありません。


posted by 大谷大学新聞社 at 19:50| Comment(0) | 学内団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

大谷大学サッカー部 好成績で後期リーグへ!

こんにちは!主幹(あいす)スポーツ部長(京ゆば)記者(白米)です。最近暑くなり、アイスが美味しい時期になりましたね。(笑)

今回は7月3日(日)の12時より、湖西グラウンドにて行われた『2016年度第94回関西学生サッカー前期リーグ』対兵庫大学の試合を取材してきました!

これまでのリーグ戦では、6勝2分1負の戦績を残し、第6節〜8節まで3勝と、順調に駒を進めてきた大谷大学(以下、大谷大)は3日(日)、前期リーグの最終節を迎えた。
最後の対戦相手となるのは兵庫大学(以下、兵庫大)だ。

以下、最終節の試合の様子だ。

大谷大は、前半、相手ゴールに向けて果敢に攻めた。
特に18番永戸選手(1年・野州)は相手ゴール付近までボールを運ぶなどの活躍を見せた。

だが、どちらも接戦が続き、試合は均衡状態に。

前半30分。試合の流れが一気に変わった。
20番園田選手(1年・両洋)のアシストにより、14番宮本選手(2年・芥川)が相手キーパーのキャッチをすり抜け、1点を獲得した。
559A0385.JPG
(ゴールを決める宮本選手)

これにより勢いをつけた大谷大はゴールを攻めるも、前半は1−0で終了した。

前半をいいムードで終えた大谷は後半も攻めた。
11番能勢選手(3年・芥川)は果敢にシュートを放ちチームを牽引。
559A1467.JPG
(活躍する能勢選手)
粘り強い蹴りを見せ、試合の流れは大谷大に傾いた。

後半38分、20番園田選手(1年・両洋)のアシストを受け、6番森野選手(3年・芥川)がゴールを決めた。この時点で2ー0となり、大谷大が優勢となった。
559A0852.JPG
(奮闘する園田選手)

だが、勢いは止まらない。
15番井上選手(4年・朱雀)のシュートで1点追加したことを皮切りに、さらに2得点を重ね、5ー0
その後も大谷大は兵庫大にゴールを許すことなく、5ー0で試合は幕を降ろし、大谷大は勝利を収めた。

今回の試合で関西学生前期リーグの全試合を終えた大谷大。夏から始まる後期リーグでのさらなる躍進が期待される。
これからも頑張れ!大谷大学サッカー部!


今回、サッカー部の主将であり守備の要でもある4年生の文岩慶一郎さん(以下、文岩さん)と攻撃の主軸の3年生の能勢健人さん(以下、能勢さん)に話を聞いた。
423A2307.JPG
(インタビューを受けている様子の左:文岩さんと右:能勢さん)

―最終節を終えてどうだったかお聞かせください。それでは文岩さんからお願いします。

文岩さん「まず、第一に安心している。去年の前期リーグで5位になってしまって、後期のチャレンジリーグに上がることができず、2部に昇格することができなかった。今年は僕含めて4年生はチャレンジリーグに上がることを目標に練習してきたので、とりあえず安心している。決まったのが試合後の他のリーグの兼ね合いがあって、決まるのが遅かったのですが、その時はとても嬉しかったです」

能勢さん:「この前期リーグで負けてしまうと4年生が引退してしまうので、あと半年一緒に出来るっていうのはとても嬉しいです」

―ありがとうございます。この第1節から第9節を振り返って印象に残った試合はありますか?

文岩さん:「印象に残った試合は、神戸市外国語大学との試合ですね。0−1で負けていてラスト5分で同点に追いついて、あの試合は同点の状態から失点を許してしまって負けてしまいました。あの場面で失点を許してしまったのは悔いが残っています」

能勢さん:「第2節の奈良学園大学との試合です。その試合は残り10分ぐらいにPKをもらったんですが、僕が決めていればもう少し楽に前期リーグを通過できたんですけど、外してしまって、混戦になって苦しい展開にしてしまったので、責任を感じています」

―ありがとうございます。動きが良かった選手をお聞かせください。

文岩さん:「結果として能勢を挙げざるを得ない。リーグの得点ランキングで、ダントツでトップ、アシストランキングでもトップを取っているので評価をしたいです。良かった選手は他にいるんですが、挙げるならば2年生の駒井ですね。第2節で中盤の要であった4年生の谷川がケガで離脱してしまって、谷川の代わりを駒井がチームに貢献してくれたので評価したいです」

―ありがとうございます。後期リーグに向けての意気込みを聞かせてください。

文岩さん:「チャレンジリーグに上がることができたので、後期では1位2位を目指してやっていきたいです。最低でも3位〜6位で入れ替え戦まで行きたいです。個人の目標としては、とにかく守備の要として失点を許さずにチームに貢献することしか考えていないです」

能勢さん:「チームとしては後期リーグを勝ち上がっていくために、これからチームを強く作りあげていって2部に昇格したいです。個人としては、去年得点王ランキングを1点負けて優秀選手しか取れなったので今年は得点王と優秀選手の2つを取れるように頑張りたいです」

―ありがとうございます。日々の練習でどういったことを心がけているのかをお聞かせください。

文岩さん:「部員の人数も20人前後であって、1人1人のやる気や気持ちを高めていくために意識していることは、対人形式で勝負強さを身につけさせることですね。そして勝ち負けをはっきりさせるような練習をさせています」

―ほかに持久力を高めるために走り込みとかをしているんですか?

文岩さん「リーグに入る前の冬とか走るための合宿であったり、夏も気持ちを高めるために走り込みを行いますね」

能勢さん「1年生が入部して間もないのでコミュニケーションを取っていって、1回生の中でも試合に出る子がいるのでいいパフォーマンス出来るように頑張ります」

―ありがとうございます。試合前のモチベーションはどんな感じなのかお聞かせください。
文岩さん「1人1人違うとは思うんですけど、僕は試合まえの練習で、自分から声を出して雰囲気づくりは考えてます。気持ちは絶対に負けないという事をみんなに伝えてますね」

能勢さん「自分はポジション的に点を取って当たり前なので早いうちから点を取って守備陣やチームを楽にしてあげたいという気持ちで試合に入ってます。基本リーグ戦は緊張しないようにしていますね。この試合に勝ったら2部に昇格できる、入れ替え戦に行けるってなったら緊張はすると思います」

―それでは以上でインタビューを終わらせていただきます。ありがとうございました。

サッカー部の後期リーグは9月18日(日)から行われる。興味がある人は一度試合を見てみてはいかがだろうか。

これからのサッカー部の活躍に大谷大学新聞社一同期待しています!

※今回は特別更新の為、余談コーナーはお休みしています。ご了承下さい。
posted by 大谷大学新聞社 at 20:32| Comment(0) | 学内団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする