2017年12月31日

谷大フレンズ大集合2017「きみは〇〇ができるフレンズなんだね」第3弾!!!〜様々な取材を経験した大谷大学新聞社4年生編〜

どうも、副幹(ムキサメ)です。
本日は12月31日、年末インタビューを締めくくる最後のブログです。

なお、前回、前々回の年末インタビューはこちらとなります。
第1弾
http://otanishinbun1982.seesaa.net/article/455855488.html
第2弾
http://otanishinbun1982.seesaa.net/article/455879940.html

今年最後の取材を受けてくださったのは、しんぶんしゃちほーの取材が得意なフレンズ、もとい大谷大学新聞社の4年生、末井慧見さん(真宗学科)と、稻出航大さん(歴史学科)です。

423A4365.JPG
取材を受けてくださった末井さん(左)と、稻出さん(右)



――4年間を振り返って、思い出深かった出来事や取材を教えてください。

末井さん
「@キャンパスの企画で行った、中川学区での取材が印象深いですね。朝9時までに取材場所に行かなくてはならないのですが、中川学区が凄く遠い場所にあって、朝7時15分のバスに乗ってようやく学区の入口にあたる道路に着きました。そこからさらに1時間近く歩いたほど遠かったです。猟師さんの猟に同行する取材だったのですが、誰も踏み均していない、獣道とも言えないような斜面をひたすら進んでいました。猟の結果はなにも獲れませんでしたが、後で頂いた鹿肉のしぐれ煮が美味しかったです」

稻出さん
「GLOBAL SQUAREの企画で行った、文化交流会が印象的でした。神戸の方へと赴き、異人館や中華街、六甲山を留学生たちと一緒に巡りました」

末井さん
「他にも、1年の頃、8月にオオサンショウウオを探しに鴨川まで行くブログ企画もありましたね。見つかればいいな、程度の気持ちで行ったんですけど、なかなか見つからなくて。川沿いにずーっと上っていって、気付けば山道を歩いていて、最終的には叡山電鉄に乗って出町柳まで帰るということをしていました。サンショウウオは見つからず、水遊びが楽しかったです」

稻出さん
「ブログ企画だったら、たこを使わずにたこ焼きパーティーをする企画もしました。ブレスケアを持って来て入れたら、この世の終わりみたいな味がして、「地獄に落ちろ」とまで言われましたね」

末井さん
「たこ焼きなのになぜかスースーしてましたね。個人的には、3年の冬にやった闇鍋よりマシでした」



――同期との思い出を教えてください。

末井さん
「今は別のソフトを使っているのですが、僕らが1年の頃は『朝刊太郎』というソフトで新聞制作をしていました。ただ今と違ってレイアウト用紙がなくて、記事を上手く落とし込めなかったりして、パソコンを投げつけそうになりながら、当時の編集補佐の相方と四苦八苦していました」

稻出さん
「同期だった社員二人の名前をそれぞれ間違えていた上に、一ヶ月くらいその人たちが先輩だと勘違いしていた時期がありましたね」



――先輩から言われた言葉などで、新聞社の活動に置いて意識していることはありますか?

末井さん
「いきなり取材に入るのではなく、取材前に挨拶をすることを心がけています。また、相手の目をしっかり見ながら、相槌を打って、相手の話をしっかりと聞いているという姿勢を示すようにしていました」

稻出さん
「失敗したことは、自分の中で反省するだけではなく、失敗談として後輩に伝えるようにしています。そうすることで、先人の失敗を後輩たちも犯さないよう、未然に防ぐことができると、先輩から教わりました」



――お二人は新聞社以外の団体にも所属していたようですが、兼部しながらの活動はどうでしたか?

末井さん
「大変でした」

稻出さん
「片方の団体が忙しいと、もう片方の団体でイベントがあっても行けなかったりするので、そこは後悔しています。特に役職などについていると、そちらの団体に偏ってしまいがちだったので。ただ、様々なことを経験でき他ので、キャリアアップには繋がったと思います」

末井さん
「他の団体で得た経験を、どう新聞社に還元できるのか、というところは考えました。また、複数団体に所属していると、他団体の情報が入りやすくなるので、記事の幅が広がると思います」



――兼部する上で気を付けるべきことはなんですか?

稻出さん
「スケジュール管理です。これは身を持って体感しました」



――後輩へのメッセージをお願いします。

末井さん
「これは自分の課題であり反省点でもあるのですが「なぜそれをやっているのか?」ということを考えることです。どんなことにも、それをやっている、やり続けていることには理由があります。その理由をひとつひとつ考えていけば、漠然と作業をこなすのではなく、よりしっかりとした、意味のあることができて、中身のある活動ができます。なので後輩たちには、物事ひとつひとつの理由を考えてほしいです」

稻出さん
「新聞社での活動に限らず、他のことでも言えることですが、人がなにに向いているのか、得意なことと苦手なことをしっかりと把握することが大事です。自分も含め、人の得意なことや苦手なことを見極めて、それらを踏まえて役割分担をすることで、よりよい活動ができるようになります。ふんわりとではなく、苦手なものは苦手なものと、しっかりと自覚を持つこと。その上で活動していって欲しいです」



――最後に信条にしていることなどをメッセージとして色紙書いていただきたいと思います。

末井さん
なぜを考える
「さっきも述べたように、物事の理由をひとつひとつ考える。なぜ活動しているのかを考えることで、その意味を理解し、そして「それならどうしていこうか」というところまで考えられる。自分たちはなぜ活動しているのかというところまで考えたら、最終的に自分たちが辿り着く先がわかる。という意味を込めてこの言葉を書きました」

稻出さん
一歩下がれば解決策が見えてくる
「困難に直面して、解決策が見いだせない時は、その問題の原因がなにかを、問題そのものだけでなく、その周辺のことも、一歩下がった目線で考える。問題を客観的に見て、考えて、問題を解決するという意味を込めました」

423A4399.JPG
末井さん『なぜを考える』
稻出さん『一歩下がれば解決策が見えてくる』



末井さん、稻出さん、ありがとうございました!
そして以上をもって、年末インタビュー企画 谷大フレンズ大集合2017「きみは○○ができるフレンズなんだね」を締めくくらせていただきます。

それでは皆様、よいお年を!
posted by 大谷大学新聞社 at 19:49| Comment(0) | 年末インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: