2016年11月24日

自由に生きました。大谷大學新聞第5号紙発行です!

皆さんこんにちは!主幹(あいす)です!
今年の紫明祭もあっという間に終わり、段々と寒くなってきましたね〜
最近は鼻がつまって夜寝づらいのが悩みです…(@_@;)
昨日は寝つけなかったので、夜中に唐揚げを食べちゃいました。

皆さんも体調には気を付けてくださいね!

さてさて、話が逸れてしまいましたが、今回は11月12日に発行した「大谷大學新聞 第5号〜学園祭特集号〜」を取りあげていきたいと思います!!

今回の第5号はなんと…4面発行です!
大谷大學新聞は近年、2面で発行していましたが、「私たちの学園祭をもっと大きく取り上げたい!」という社員たちの願いから4面制作をスタート。
途中、ハプニングもありながらも無事に完成しました\(^o^)/

というわけで、私たちの汗と涙と青春がつまったこの新聞を紹介していきたいと思います!

<1面>
『高校と大学の学園祭の違いを知ろう!』
今年も学園祭の季節がやってきました。「そういえば高校と大学の学園祭の違いってなんだろう?」という素朴な疑問から書き始めた今回の記事。記者の体験から書いていますので「こんな違いがあるんだ」などと、発見してみてはいかがでしょうか?

『紫明祭ってなぁに?』
毎年11月に開催される大谷大学の学園祭「紫明祭」。この記事では知っているようで知らない紫明祭の概要について書いています!ぜひ読んでみて下さいね(^^)
s_DSCN5854.JPG
(第1面)

<2面>
『’14〜’15SHIMEI FESTIVAL NEXT… Can’t Stop Otani Soul!』
紙面では「Past Festival’14〜’15 Colorful Days」と題し、過去の紫明祭の様子を振り返っています!活気あふれる紫明祭の様子をご覧ください!
また、2016年度のプレイベントの様子も掲載しております。学内屈指のバンドがサンクンガーデン特設野外ステージで演奏していました。華やかなステージをぜひあなたの目で!

<3面>
『「学生主体」を目指して〜紫明祭の裏側に迫る〜』
紫明祭の企画・運営に携わっている学園祭実行委員会。今回、委員長の赤澤政成さんと、事務局長と展示・模擬店局長を兼任する井村航さんにインタビューしました。運営に携わるからこそ見えたものとは?長として活躍する2人の想いにも迫りました。

『「しぃちゃん」と「めぃちゃん」って?〜全国学園祭マスコット総選挙出場!〜』
大谷大学学園祭実行委員会「紫明祭」のマスコットキャラクターとして紫明祭のパンフレットなどに描かれる「しぃちゃん」と「めいちゃん」。今回、可愛らしい2人のキャラクターが「第4回全国学園祭マスコット総選挙」にエントリーしています!ぜひ、魅力ある2人にエントリーしてはいかがでしょうか?
11月30日(水)まで、1日1回投票できますよ(^^)
投票は右記のURLよりどうぞ。→http://c.student.mynavi.jp/cpf/stu_006/photos/view/page:1
s_DSCN5855.JPG
(第2,3面)

<4面>
『点字・点訳サークルの展示ってどんなの?』
今回紫明祭で展示を行なう団体をTwitterで募り、その中から「大谷大学点字・点訳サークル」を取材しました!点字を打った手作りトランプをはじめ、部員全員で新たな企画へ臨む様子に必見です!部長の点訳に対する想いもぜひご覧ください!

『1号館から慶聞館へ』
V期工事が始まり、1号館の取り壊しが始まりました。さて、紫明祭では1号館にも展示団体が参加しますが、どうやって1号館に行くのでしょうか?1号館への行き方、今年新たに新設された慶聞館に迫ります。
s_DSCN5856.JPG
(第4面)

また、大谷大學新聞が新たな場所に設置されました。設置場所は以下の通りです。
・慶聞館内のレターBox
・2号館の入り口付近
・響流館3階総合研究室
・響流館1階教育研究支援課
・中央執行委員会部室

また、郵送も承っておりますので、希望される方は
otanidaigakushinbunsya☆gmail.com(☆をアットマークに変換) <@氏名A住所B希望部数>を明記の上、ご連絡ください。お待ちしています!



〜余談コーナー〜 テーマ「自由」

皆さんこんにちは、ないしはこんばんは。財務(ムキサメ)です。
今回のテーマは「自由」らしいです。主幹や編集長やその他の社員たちに匙を投げつけられました。さぁ帰ろうと思っている時に、いきなりこんな思いつきのテーマで余談を書けと言われても、とっても困ります。自由さのかけらも感じられません。僕は束縛されました。
自由と言われると、中学校の先生に言われた言葉を思い出します。ある時、その先生は「自由は不自由だ」と言いました。
今まで生きてきて、似たような言葉を何度も聞いたので、ありふれた言葉なのかもしれません。それでも、この言葉の意味を考える機会は意外に多く、自分なりの解釈をよく考えていました。
そこで出た結論の一つが「制約を設けた方が動きやすい」というものです。皆さんも課題などでレポートを書く時に思ったことがあるかもしれません。なにかしらのテーマを設けられた課題ならレポートも書く目途が立つでしょうが、「自由に書け」と言われると、どのように書いたらいいのかわからなくなりませんか? 面接などで自己PRをしてくださいと言われた時にも、似たようなことを感じるかもしれません。自分のことについてPRすると言っても、話せる内容の自由度が高すぎて、逆に困ってしまいます。
パソコンなどがそうであるように、人間の処理能力にも限界があります。自由度が高いことは、多くの選択肢が生まれますが、その中から必要なものを取捨選択する能力がなくては、自由度の高さを生かしきれません。
何事も分相応であるべきだと思います。それは自由でも同じ。自由すぎるのは逆に自分の身動きを封じてしまうことになるので、適度な不自由さが必要です。制約があるからこそ、活動しやすい状態が保たれるのです。
「自由は不自由」という言葉から導き出した結論の一つがこれです。しかし、この言葉には他にもたくさんの意味が込められていると思います。皆さんも、皆さんなりの「自由」の形を見つけてみてください。
無理やり書かされたわりには綺麗にまとめられました。それではさようなら。











posted by 大谷大学新聞社 at 20:54| Comment(0) | 大谷大學新聞紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

燃えあがれ大谷大学、止まるな!団結力!!

皆さまこんばんは。
新入記者紹介以来の登場となりましたシシトウガラシです。
ちゃんと元気に生きておりますよ(汗)
私自身大学生になって初めての紫明祭でした。
「大学の学園祭マジすげぇ。。。」って感じです。
個人的に少しさみしかった点は激辛がなかった事ですかねー…(辛いものが大好きなシシトウガラシ的には残念です)
来年以降に期待ですね笑

本日は紫明祭3日目で最終日です。
無事紫明祭が終わったのは何よりですが、また日常の生活に戻ると考えると辛いですね。
サザエさん症候群がよく分かる一日でした。

このまま書くとダラダラとくだらない事を書いちゃいそうなので本日の振り返っていきましょう!
本日も快晴の空で模擬店、展示は大盛況でした!
完売した模擬店もあるようです。

377A4177.JPG

377A4208.JPG

また、サンクンガーデン特別野外ステージで「OTV〜紫明祭だヨッ!全員集合!〜」が行われました。

インドゼミ(インド文化研究会)によるパフォーマンス、紫明祭の生中継、ゲストマジシャン「TASUKU」によるパフォーマンスが披露されました。

まず最初にインド文化研究会さんは非日常的なインドのダンスを大谷大学にて華麗に踊られ、観る者の視線を集めていました。
burogu.JPG

burogu2.JPG

次に今年初の試みである、紫明祭の生中継が行われました!
特別野外ステージから飛び出して、模擬店に取材に行くという試みはまるでのテレビのようでした。
bnburogu 3.JPG

最後にゲストマジシャン「TASUKU」によるパフォーマンスが行われ、最初2人しか観客がいなかったにも関わらずマシンガントークと、素晴らしい芸によってサンクンガーデンを埋め尽くすほどの人が集まりました。
burogu4.JPG

15時からは「よしもと大谷花月−祭どすえ−」が行動にて行われ、坂田利夫氏をはじめとする6人の芸人さんたちが谷大生を爆笑の渦に包み込みました。

17時30分より最後のイベント、後夜祭「進め、大谷POWER!」が行われました。
後夜祭が終わると紫明祭は終わってしまいます。

紫明祭最後のイベント後夜祭の頭を飾った「大谷大学ダンス同好会」によるダンスパフォーマンスが行われました。ダンス同好会のダンスによる団結力は止まらない。
377A8924.JPG

377A9595.JPG

次に「同窓会、学生部長による模擬店・展示の表彰式」が行われ、この紫明祭で頑張った団体が表彰されました。
模擬店部門では同率一位で「尾州寮」と「バドミントン部」が表彰されました。

また展示部門では「Aidea」が表彰されました。

その後「豪華抽選が当たる?抽選会」が行われ豪華景品(霜降り肉、米、布団乾燥機など)が当選者へ贈られました。我が新聞社の記者(鮒(ふな)寿司)は当選し、カップラーメンを獲得したようです。

抽選会も終わり、後夜祭も佳境を迎え歌手のfumikaさんによるステージが開催されました。fumikaさんの力強い歌声でサンクンガーデンの盛り上がりは最高潮となり一体となりました。

fumikaさんのライブも終了し、最後の委員長挨拶、思い出ビデオ、エンドロールが上映。感動的な思い手ビデオ、エンドロールによって紫明祭は幕を閉じました。

後夜祭も終了し、紫明祭は無事終了しました。
初日、前夜祭から後夜祭まで谷大魂は止まらず猛烈な盛り上がりを見せ大盛況でした。
今年は珍しく3日間とも雨も降らず、天気に恵まれました。
これは僕(シシトウガラシ)が晴れ男なのかもしれませんね(笑)
僕の力で来年以降も雨が降らないといいのですが…

谷大生は熱く燃え、激しく盛り上がり、谷大魂は止まりません。
posted by 大谷大学新聞社 at 20:29| Comment(0) | 紫明祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

天候に恵まれた本祭一日目!!

皆さんどうもこんにちは!半年ぶりのブログ更新をするスポーツ部長(京ゆば)です。

昨日から行われた紫明祭。今日がメインイベントである本祭なんです!

模擬店や展示が開放されました!

今回もその模様をお届けいたします。

まず、今回の本祭は天候にも恵まれる中、数々の団体が朝早くから模擬店や展示の準備が行われていました。

準備が終わり、遂に展示模擬店開始されました!

開始早々学内はすぐに賑やかになりました。

そんな展示模擬店が行われる中、私たち新聞社が誇る画伯(文化部長(玉子焼き))が登場するイラスト王コンテストが行われました!

優勝賞品はディズニーランドペアチケットでした!

文化部長の絵のセンスを知らない方は今年度の合宿のブログをご覧ください!
http://otanishinbun1982.seesaa.net/article/442163955.html

さて、そのイラスト王コンテストですが、まさかの文化部長チーム(末井会)が着々と勝ち進み、ついに優勝してしまったのです!こんな展開を誰が予想したことでしょう

誰も予想しなかったと思います!
そんなことは置いといて、おめでとう!文化部長!そしてチームの皆さん!

559A3880.JPG
優勝した文化部長率いるメンバー一同(末井会の皆さん)

イベントが終わっても展示や模擬店は勢いが止まりませんでした!

423A7813.JPG
元気に販売を行っていた自灯学寮

そして、夕方から行われた3部合同音楽イベント
ブログ 3部合同.JPG
(3部合同のライブ)

披露した団体は、ジャズ研究会、軽音楽部、フォーク研究会です!

burogu 軽音.JPG
(軽音楽部によるライブ)

それぞれ素敵な音楽を奏でていました!観客はすでにボルテージ前回でしたね!

今日ですごい盛り上がりだったので、明日行われる2日目は更に盛り上がると思います!

ここで少し、明日行われるイベントを告知しておきます!!

10:30〜12:00
パフォーマンスイベント『OTV〜紫明祭だヨ!全員集合!』

17:00〜19:00
後夜祭『進め大谷POWER』

です!明日が最後の紫明祭なのでぜひ足を運んでください!
posted by 大谷大学新聞社 at 20:45| Comment(0) | 紫明祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする