2018年06月21日

6月18日に発生した大阪北部地震によせて

6月18日(月)に発生した大阪北部地震を受け、今回のブログでは災害時の対応などについてお伝えしていきたいと思います。

まず、災害発生時はライフラインが止まることや避難所での生活を余儀なくされることがあります。その際に盲点となりがちな防災グッズの紹介をします。

◆あると便利だけど忘れがちな防災グッズ
・ウェットティッシュ(水タイプとアルコールタイプ両方あると便利)
・様々な大きさのビニール袋
・ラップ類
・毛布(ガラスが割れた際に敷けば靴を履いていなくても歩ける)
・ポリタンク(大量の水を運ぶ際に便利)
・状況に関わらず食べられるレトルト食品
・様々なタイプの生理用品
・モバイルバッテリー(乾電池や太陽光で充電できるタイプ)
・菓子類(ちょっとしたもの)
・ロープ(何かをまとめる時に便利)
・経口補水液(災害時は脱水症状になりやすいため便利)
・汗ふきシート
・ベビーパウダー
・ドライシャンプー
・軍手
・スリッパ(折り畳みだとより便利)
・ガーゼ(怪我の手当てなど)

緊急時用の持ち出し袋は両手を空けるためにもリュックサックなどの背負えるものが理想的です。並びに、履物は必ずスニーカーなどの運動に適した動きやすい靴にしましょう。

次に地震酔いになった際の対処法についてです。地震酔いとは常に揺れている気がするという症状のことです。この症状は、「いつまた揺れるか分からない」といった強い不安から起こっていることが多いと言われています。
このような状態の際はリラックスすることが何よりも大事です。

◆リラックス方法の例
・温かいお茶をゆっくり飲む 
・家族や友人に話を聞いてもらう
・好きな音楽を聞く

などが挙げられます。

他にはペットボトルに半分くらいの高さまで水を入れ、それをテーブルの上に置き、揺れているかどうかを目視で確認し、安心するという方法もあります。


また、大阪府に住んでいる記者は「地震発生後、自分の住んでいる自治体や、よく使う公共交通機関の公式SNSやHPをいつでもチェックできるようにしておいた方がいいと感じた。Twitterでは公式アカウントのツイートがすぐに拡散されるので、自分がフォローしていなくても情報が確認できて便利だった。だが、今後はそういったアカウントを自身のアカウントでもフォローしておこうと思った。」とコメントしていました。

上記のコメントのようにTwitterなどのSNSを活用するのも一つの手段です。他には公式SNSやHPをいつでも確認できるように、インターネット上のブックマーク機能を活用するのも良いと思います。

ただし、今回のように災害が発生した際にSNS上で上がっている情報が必ずしも正しいとは限りません。なので目にした情報をそのまま信じることはせずにしっかりと自分で調べ、正しい情報を手に入れられるように努めましょう。


今後も地震が発生する可能性がありますので、十分に警戒し、いざというときにすぐに行動できるようにしましょう。
大谷大学新聞社ではこの大阪北部地震に関する情報をFacebookやTwitterなどでも発信していますので、ぜひそちらも併せてお読み下さい。



今回のブログでは、余談はつけておりません。楽しみにして頂いていた読者の皆様、大変申し訳ありません。
次回以降はありますので、よろしければまたご覧ください
posted by 大谷大学新聞社 at 17:19| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

夏のお供に”豆乳アイス”

こんにちは。記者のぽん酢です。

突然ですが、みなさんアイスは好きですか?

夏本番にむけてコンビニ限定アイスなどが増えてきましたね。

こう暑いとあっというまに食べてしまうアイスですが……カロリーを考えると頭が痛くなりますね。アイスだけに。


そこでおすすめなのが「豆乳アイス」です。
豆乳を凍らせるだけという手軽さと1本(200ml)90円ほどでお財布にも優しいことで話題になっています。


02.JPG
新聞社でも無調整豆乳豆乳飲料バナナバニラアイス)の3種類で作ってみました。


[作り方]
容器に、ハチミツと各種豆乳を好きなだけ、バニラエッセンスを数滴混ぜたものを凍らせます。(豆乳のパックごと凍らせるのもありです)


凍らせているときに、1時間ごとに混ぜると完全に固まってしまうのを防げます。

01.JPG

無調整豆乳は、豆の味が強いので好きな人が別れるかもしれませんが、バニラアイスやバナナはクーリッシュみたいで美味しいです。

みなさんも体の冷やしすぎには気をつけつつ、快適な夏をお過ごしくださいね。


〜余談コーナー〜
皆さん、こんにちはー!
記者(ひよこ)です!

最近は暑いのか寒いのかわからないですね…(ー ー;)
そのせいで毎朝、その日の服装を悩みに悩んでいます(笑)

前の余談でも書いてありましたが、今月のテーマは「あめ」です!
今回は「飴」でいきたいと思います!

皆さん、何か好きな飴はありますか?
黒糖飴、チュパチャップス、パイン飴などなど…
私は今「京あめ」がブームなんですよ!
よく、京都タワーの1階にある「京あめ クロッシェ」というお店に行きます(*^^*)
そこのお店は、面白い名前、味の京あめが
多くて、行く度にどれにしようか迷ってしまいます!
種類が豊富で何度行っても飽きないですね(笑)

個人的には『白絹手鞠』がオススメですね‼︎
味はレモンライム味で、爽やかな後味が特徴です!
可愛らしい丸々とした形で、口の中で転がすのが楽しいですよ♪( ´▽`)

興味がある方はぜひ行ってみて下さい!
それでは、このへんで!
posted by 大谷大学新聞社 at 20:35| Comment(0) | ネタ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

大谷大學新聞2号紙が発行されたって本当ですか?

みなさん、こんにちは!
記者(江頭)です。

今回は、本日発行された大谷大學新聞第2号の紹介です!
取材に協力頂いた皆様、ありがとうございました。

大谷大學新聞2号紙の様子.jpg
(大谷大學新聞2号紙の様子)

では早速1面の方から紹介していきます。

「試行錯誤の連続 〜新歓行事を振り返る〜」
新入生の皆さん、若葉祭、BOXスタンプラリー、覚えていますか?
そんな行事を支えてくれた、新入生歓迎実行委員会さんにインタビューを行いました。

「コラム 星との出逢い」
滋賀県蒲生郡日野町にある蔵王ダムにて天体観測を行いました。
大谷大学近辺では見ることのできない満点の星空が広がっていました。

2面
「諦めない姿勢こそ強み 〜大谷大サッカー部の魅力を探れ〜」
部員をまだまだ募集している大谷大学サッカー部さんにインタビューを行いました。
また、5月6日に行われた大谷大学 対 京都教育大学の試合の様子も取り上げています。
諦めない姿勢が伝わってきます!

「グルメ探訪 〜 Cha-café wa 〜」
京都市北区にある薬膳・漢方茶カフェCha-café waさんにインタビューに行きました。
体調によって辛さが変わる薬膳にハマること間違いないです!

大谷大學新聞第2号紙の設置場所は以下の通りです。
慶聞館 レターボックス
響流館 教育研究支援課窓口
響流館3階 総合研究室中央テーブル
2号館 入り口近くテーブル
部室棟 中央執行委員会部室


また、郵送も承っておりますので、希望される方は
otanidaigakushinbunsya☆gmail.com(☆をアットマークに変換) <@氏名A住所B希望部数>を明記の上、ご連絡ください。

※今回は特別更新のため、余談コーナーはありません。ご了承ください。
posted by 大谷大学新聞社 at 02:52| Comment(1) | 大谷大學新聞紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする